資料ダウンロード

豊富な事例で基礎から学ぶ
原価計算からはじめる
管理会計マスター講座

儲けの仕組みを理解し、収益のマネジメント力を身につける

開催日時

2019年5月28日(火)

10:30~17:00

#

2名以上同時申し込みで、2人目以降10%OFF

原価計算からはじめる管理会計マスター講座

当講座は受付終了いたしました
今後の開催予定を是非ご覧ください

この講座で
学べること

  • POINT01

    POINT01

    管理職・責任者に必要なコスト構造の把握ができる

    原価計算の基本を知って、コスト構造の把握方法を学びます。同時に、現行の原価計算方法が起こすミスリードを取り上げ、目的によって異なる原価計算の仕組みを理解します。

  • POINT02

    POINT02

    収益性改善のために効果的なコストのマネジメントができる

    現状を把握してこそ打てる次なる一手。収益性改善の道は、原価の仕組みを理解し、収益性と安全性を同時に実現し維持することです。儲けを作り出すために最適なバランスを見つけます。

  • POINT03

    POINT03

    各部門における事業展開について、判断指針が持てるようになる

    経理だけでなく営業や事業企画部門が迎える重要な局面での意思決定や、取るべき戦略・事業の明確化に際して、収益維持のために必要な判断基準を手にすることができます。

プログラム

  • 1日で原価計算と管理会計の
    基本を学べるプログラム

    1.
    モノやコトの原価がわかると何が良いのか
    2.
    原価計算の基本
    3.
    注文をうけて生産する場合の原価計算の流れ
    4.
    大量生産をする場合の原価計算の流れ
    5.
    管理会計の基本

    詳 細

    1.
    モノやコトの原価がわかると何が良いのか

    ・原価を把握していない経営はどのような状況になるのか

    ・会社の活動の基本は、売上-原価=利益

    ・原価とは一体何か
    【事例研究1】A社の販売する商品Aの原価はいくらか?

    ・損益計算書と原価の関係

    ・原価計算と管理会計は似て非なるもの

    ・働き方改革における残業時間の削減と管理会計は必ずセット

    2.
    原価計算の基本

    ・原価計算は製造業だけではなくすべての業種で実践できる

    ・身近な事業で原価計算をやってみよう
    【事例研究2】ラーメンの原価計算をやってみよう
    【事例研究3】美容院の原価計算をやってみよう

    ・注文生産と大量生産で原価計算のやりかたは異なる
    【事例研究4】注文生産と大量生産における原価計算

    ・正確な原価を計算しないと誤った経営判断をしてしまう
    【事例研究5】外注はコストダウンにつながらない?

    ・原価計算をやるためには原価を種類別に分ける必要がある
    【分け方1】材料費、労務費、経費の分類
    【分け方2】製造直接費と製造間接費の分類
    【分け方3】変動費と固定費の分類

    ・現在の原価計算方法には大きな欠点がある
    【事例研究6】売上が同じでも利益は変わる不思議
    【事例研究7】在庫が変動すると利益が変わる

    ・計算するための原価計算と管理をするための原価計算は違う

    3.
    注文をうけて製造するB社の実際の原価計算の流れ

    ステップ1    材料費の計算方法
    ・材料と材料費は全く違うもの
    ・材料費の計算は    材料費=単価×消費量
    【計算事例】材料費の計算の手順

    ステップ2    労務費の計算方法
    ・勤務時間は内訳が大事になる
    ・労務費の計算は    労務費=賃率×作業時間
    【計算事例】労務費の計算の手順

    ステップ3    経費の計算方法
    ・経費にはどのようなものがあるか
    ・経費の計算は    経費=発生額もしくは支払額
    【計算事例】経費の計算の手順
    ・外注の目的はコストダウンではない?

    ステップ4    製造間接費の計算方法
    ・製造間接費とは何か
    ・身近な事例で見る製造間接費の計算のポイント
    【計算事例】製造間接費の計算手順

    ステップ5    注文ごとに原価を計算していく
    ・製品別原価計算の計算方法
    【計算事例】注文ごと行う原価計算

    4.
    大量生産をするC社の原価計算の流れ

    ステップ1    材料費の計算方法
    ・材料費は投入時点がポイントになる
    【計算事例】材料費の計算の手順

    ステップ2    加工費の計算方法
    ・加工費の範囲とは
    ・加工作業の進み具合がポイントになる
    【計算事例】加工費の計算手順

    ステップ3    製品ごとに原価を計算していく
    ・製品別原価計算の計算方法
    【計算事例】製品ごとに行う原価計算

    5.
    管理会計の基本

    ・管理会計の基本式    単価×数量=原価

    ・管理会計は無駄の発見からはじまる

    ・管理会計を導入する際のポイント

※プログラムは変更となる場合がございます。

南 俊基 氏

会計・財務の分かりやすい解説に定評がある人気講師

南公認会計士事務所 代表
公認会計士/税理士/日本証券アナリスト協会検定会員

南 俊基

プロフィールはこちら

南講師 開催講座
過去受講者の声

  • 帰ってすぐに演習してみる意欲がわき、苦手意識が消えました。色々なトピックもとても興味深く、大変価値ある講座でした。

    医療事業/部長
  • 実践に基づいた内容が非常にためになりました。今後も南先生の講座があれば受講希望します。

    情報通信サービス業/代表
  • 身近な話題を交えた講義で、理解しやすかったです。

    卸売業/執行役員
  • 会計の専門家でありながら、分かりやすい説明でした。適切なスピードで講義が進みました。

    卸売業/社員
  • 大変良かったです。管理会計の講座も受講したいです。

    コンサルティング業/代表

開催概要

日時

2019年5月28日(火)
10:30~17:00

会場

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
(東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル本館3F)
東京メトロ東西線・銀座線「日本橋」駅 A1 徒歩1分
都営浅草線「日本橋」駅 A1 徒歩1分
JR京浜東北線 東京駅 日本橋口 徒歩4分

受講料

46,250円(税抜)
【税込49,950円】

※2名以上同時申し込みで2人目以降10%OFF!
※社内報告書テンプレートつき

対象

原価計算、管理会計の基本を横断的に1日でマスターしたいビジネスパーソンなど
※新任管理職の方には特におすすめです。
※部署・お役職は問いません

印刷用
PDF

資料ダウンロード

注意事項

下記ご確認の上、お申し込みください。

▽支払い方法
請求書払いのみ承ります。申込確認後、ご登録いただいたご住所宛に請求書を郵送いたします。 期日までに必ずお振込をお願いいたします。ご入金が確認できない場合はご受講をお断りする場合もございますので御了承ください。


▽キャンセルポリシー
お申込後のキャンセルは受け付けておりませんので御了承ください。 一旦納入いただいた受講料の返金はできかねます。

▽その他注意事項
・講演内容・講演者・プログラムは変更となる場合がございます。
・申込人数が開催に必要な人数に達しない場合は、やむを得ずコースを中止する場合がございますので御了承ください。
・競合サービスをご提供されている方・学習目的以外の目的と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。

お問い合わせ

TEL 03-3246-5599(土日・祝日を除く10:00~18:00)

お問い合わせフォームはこちら

東洋経済のカスタマイズ研修(社内研修)

具体的な課題に即した研修、
大人数での社内研修もおまかせください

各企業様における、社内研修も承っております。部署全体でのご受講や、自社の具体的な課題に沿った内容での研修をご検討されていらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

企業研修のお問い合わせはこちら

東洋経済の研修講座
過去の開催

もっと見る

閉じる

東洋経済新報社について

創立とともに創刊した120年以上の歴史をもつ週刊誌、『週刊東洋経済』と、80年にわたり企業分析を行っている『会社四季報』。東洋経済はずっと日本の経済と企業の「今」を見てきました。また、弊社では10年以上、旬なテーマのビジネスセミナーを開催。その豊富な実績を活かし、企業の課題をより深掘りした講座を開講しています。

東洋経済新報社
研修講座事務局

東京都中央区日本橋本石町1-2-1

TEL 03-3246-5599
土日・祝日を除く10:00~18:00

お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP

Copyright© Toyo Keizai Inc. All Rights Reserved.

南公認会計士事務所 代表
公認会計士/税理士/日本証券アナリスト協会検定会員

南 俊基 氏

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(経営学修士)。
監査法人トーマツ、ソニー株式会社100%出資の経営戦略コンサルティング会社ジェンシスコンサルティング株式会社を経て、財務省理財局にて財政投融資監査業務に従事する。バイオベンチャーのテラ株式会社では、創業時から監査役を務め、2009年にJASDAQ市場に上場。現在は南公認会計士事務所の代表として、メーカー、IT企業、バイオベンチャー企業等に対して、事業戦略、財務戦略、コスト管理に関するコンサルタントとして活躍するほか、企業向けに財務、管理会計の研修を数多く実施している。総合辞書サイトJLogosを運営するエア株式会社の取締役も務める。