イノベーションで「社会課題」の解決に挑む 超・実践 ESG・SDGs

※2015年 ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」において合意された、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」。

近年、環境・社会・ガバナンスに配慮する、いわゆる「ESG経営」、持続可能な開発目標に則った企業運営行う「SDGs」への関心度が増してきています。従業員、株主、顧客、取引先などのステークホルダーは、「国内外の環境・社会・ガバナンス要因への対応力が優れている企業」「将来的な労働人口減少リスクを見据えて女性活躍を推進している企業」「CO2増加や気候変動、人口動態の変化などのリスクへの備えがある企業」といった「社会課題」の解決にどれだけ貢献できているかに企業の価値を見出す動きもあります。「ESG・SDGs」への取り組みが、投資対象としてパフォーマンスが高いことが実証されれば、いよいよ企業側も本腰を入れてくることとなるでしょう。
本カンファレンスでは、こうしたESG、SDGsを取り巻く企業経営の環境変化や統合レポートへの対応の必要性にについて、最新のトレンド、実践事例を検証することで本質に迫りたいと思います。また、当日は「社会課題」の解決のヒントとなる展示も行っております。
皆様お誘い合わせのうえご参加を賜れますと幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

開催概要

日 時 11月20日(火)13:00~17:30(開場 12:20)
会 場 品川インターシティホール 東京都港区港南2-15(地図
定 員 500名
参加費 無料(事前登録制)
対 象

ESG、SDGs部門、サステナビリティ部門、CSR部門、経営企画部門、財務部門、
コーポレートコミュニケーション部門などの部門長、およびご担当者様など

プログラム

13:00-13:10
オープニング
東洋経済新報社 CSR企業総覧 編集長 岸本 吉浩
13:10-13:55
基調講演Ⅰ(ESG)

ESG/SDGs時代のCSR経営 -企業が社会課題の解決を目指すには

ESG投資が世界の投資動向の中で一定の影響力を持つようになり、SDGsが採択されるに至って、CSR経営の意義が根本的に変わろうとしている。それはコンプライアンス型CSRから社会課題解決型CSRへの転換でもある。この変化に対応するためには何が必要か。新しいCSR経営のあり方について議論する。

國部 克彦

神戸大学大学院
経営学研究科 教授

國部 克彦

PROFILE

13:55-14:00
第一部ラップアップ
14:00-14:20
休憩、実機体験 持続可能な社会を実現する技術、紙の未来を変える「PaperLab」のご紹介
14:20-15:05
基調講演Ⅱ(SDGs)

ESG時代のSDGs活用による価値創造経営

激動の世界、今求められる外来語ESG / SDGsを自分ごと化して発信する「発信型三方良し」と関係者連携の「協創力」が必要です。持続可能性の世界共通言語SDGsを使って企業ブランディングと社員モチベーション向上を図る価値創造経営の秘訣を探ります。

笹谷 秀光

株式会社伊藤園 顧問、
CSR/SDGsコンサルタント、
グローバルビジネス学会理事

笹谷 秀光

PROFILE

15:05-15:50
基調講演Ⅲ(統合レポート)

情報開示の新たな役割 -イノベーションへの予兆の意味共有化を求めて

企業は激変する事業環境、制約の中でステークホルダーとのコミュニケーションをどのように図るべきであろうか。統合報告は本来それを円滑に行うための重要な手段である。広汎なステークホルダーの様々な情報ニーズを把握しつつも、適切な時間軸の設定と意味共有すべき投資家の特定を慎重に行ったうえマネジメントの率直な考え(哲学)を謙虚に開示することが肝要ではないか。特に注力すべきはバックキャスト思考に基づくイノベーションの予兆を感じさせる情報開示である。現行の八方美人的、短視眼的、饒舌や意匠が過ぎる開示姿勢はそろそろフェードアウトすべき時である。

北川 哲雄

青山学院大学大学院
国際マネジメント研究科 教授

北川 哲雄

PROFILE

15:50-16:10
休憩、実機体験 持続可能な社会を実現する技術、紙の未来を変える「PaperLab」のご紹介
16:10-17:10
ディスカッション

ESG・SDGs時代における「企業価値向上」と「イノベーション」の実践

笹谷 秀光

株式会社伊藤園 顧問、
CSR/SDGsコンサルタント、
グローバルビジネス学会理事

笹谷 秀光

嶋田 浩生

東京海上ホールディングス株式会社
事業戦略部 CSR室 マネージャー

嶋田 浩生

PROFILE

高堰 博英

三井物産株式会社
経営企画部業務室 次長

高堰 博英

PROFILE

稲継 明宏

株式会社ブリヂストン
経営企画部長

稲継 明宏

PROFILE

モデレーター
東洋経済新報社 CSR企業総覧 編集長

岸本 吉浩

17:10-17:30
個別相談



お問い合わせ

東洋経済新報社 コミュニケーション事業部

03-3246-5599

(土日・祝日を除く 10:00~18:00)