為末 大
為末 大(ためすえ だい) Dai Tamesue
アスリート

1978年広島県生まれ。陸上スプリントトラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2012年、25年間の現役生活から引退。現在は、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。新刊『限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法』(SBクリエイティブ)が発売中
 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。