浜田 宏一(はまだ こういち)
イェール大学名誉教授、経済学博士

イェール大学名誉教授。経済学博士。第2次安倍晋三内閣で内閣官房参与。1936年、東京都に生まれる。54年、東京大学法学部に入学し、57年、司法試験第二次試験合格。58年、東京大学経済学部に入学。65年、経済学博士(イェール大学)。69年、東京大学経済学部助教授。81年、東京大学経済学部教授。86年、イェール大学経済学部教授。2001年からは、内閣府経済社会総合研究所長を務めた。国際金融論に対するゲーム理論の応用で世界的な業績をあげ、日本のバブル崩壊後の経済停滞については金融政策の失策がその大きな要因と主張、日本銀行の金融政策を批判してきた。第2次安倍晋三内閣で内閣官房参与として「アベノミクス」の理論的指導者となる。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。