植村 信保
植村 信保(うえむら・のぶやす) Nobuyasu Uemura
キャピタスコンサルティング マネージングディレクター

安田火災海上保険(現・損保ジャパン日本興亜)、格付投資情報センター、金融庁(任期付職員)を経て、2012年11月にキャピタスコンサルティングに参加。アナリストや行政官として保険会社経営を約20年間ウォッチしてきた経験を踏まえ、保険会社等の経営コンサルティングを実施。主な著書に「経営なき破綻 平成生保危機の真実」(日本経済新聞出版社)、「生保のビジネスモデルが変わる」(東洋経済新報社)などがある。経済誌への執筆、講演多数。2008年に中堅生保の破綻研究で博士号を取得(早稲田大学)。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。