斎藤 由多加(さいとう ゆたか) Yutaka Saito
ゲームクリエイター

1962年東京都生まれ。シーマン人工知能研究所所長。大学卒業後リクルートに入社。その後独立し、1994年「オープンブック株式会社」を創業。高層ビルシミュレーション『タワー』の国内外のヒット(海外名はSimTower)で全米パブリッシャーズ協会賞ほか受賞。1995年、日経BP社ベンチャー・オブ・ザ・イヤー最優秀若手経営者部門賞。1999年、『シーマン 禁断のペット』を発売。文化庁メディア芸術祭優秀賞、米国GDC年間キャラクター賞など受賞多数。2006年、ゲーム『大玉』、2012年ゲーム『エアロポーター』を発表。著書に『ハンバーガーを待つ3分間の値段~ゲームクリエーターの発想術』『社長業のオキテ~ゲームクリエーターが遭遇した会社経営の現実と対策』(ともに幻冬舎)、『シーマン語録』(ダイアモンド社)『シーマン語録2』(幻冬舎)、『指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術』(堀江貴文共著・ゴマブックス)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?