川口 大司
川口 大司(かわぐち だいじ) Daiji Kawaguchi
経済学者

一橋大学大学院経済学研究科教授。1994年早稲田大学政経学部経済学科卒。2002年、米ミシガン州立大学経済学部博士。筑波大学社会工学系講師などを務めた後、現職。専門は労働経済学、応用計量経済学。賃金格差などを研究している。共著に『法と経済で読みとく雇用の世界〔新版〕――これからの雇用政策を考える』(有斐閣、2014年1月下旬刊)、『法と経済で読みとく雇用の世界――働くことの不安と楽しみ』(有斐閣、2012年)、『日本の外国人労働力』(日本経済新聞出版社、2009年)、編著に『最低賃金改革:日本の働き方をいかに変えるか』(日本評論社、2013年)など。⇒【WEBサイト

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?