宮澤 正憲(みやざわ まさのり) Masanori Miyazawa
東京大学教養学部特任教授、博報堂ブランド・イノベーションデザイン局 局長

1966年生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。(株)博報堂に入社後、マーケティング局にて多様な業種の企画立案業務に従事。2001年に米国ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院(MBA)修了後、次世代型ブランドコンサルティングの専門組織である「博報堂ブランドデザイン 新しいウィンドウで開く」を立ち上げ、ビジョン策定、企業戦略、新事業開発、CI、VI、人事研修など多彩なビジネス領域において実務コンサルテーションを行っている。また、現在東京大学教養学部にて発想教育プログラム「ブランドデザインスタジオ」を運営中。大学の授業としては珍しく、グッドデザイン賞を受賞。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。