ミハエルA. ヴィット Michael Witt
INSEAD教授

INSEAD教授、 アジアビジネスおよび比較経営論 (Professor of Asian Business and Comparative Management)

http://www.insead.edu/facultyresearch/faculty/profiles/mwitt/
 

フランスINSEAD(シンガポールキャンパス)で国際ビジネスを専門に研究および教鞭をとる。ハーバード大学ライシャワー研究所のAssociate in Research事業運営や経営がその社会によっていかに多様なものか、また、自国外で事業を展開する企業がこの多様性によってどのような課題に直面するかについて研究している。ハーバード大学Ph.D.および修士、スタンフォード大学学士。日本、中国、シンガポール、フランス、ドイツ、米国で暮らした経験がある。ドイツ出身。

主な著書に『The Oxford Handbook of Asian Business Systems』 (2013, Oxford U. Press, with Gordon Redding)、『Major Works in Asian Business and Management』 (2012, SAGE)などがある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。