「iPhone Xs Max」なんて名前はガッカリだ

慎重にブランディングしてきたはずなのに…

新しいiPhoneはさらに大画面化し、名前はなんと「iPhone Xs Max」?(写真は左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus:筆者撮影)

アップルは9月12日にカリフォルニア州クパティーノの本社内にあるSteve Jobs Theaterで、スペシャルイベントを開催することを明らかにし、プレスに招待状を送付した。招待状には「Gather round」というキャッチコピーとApple Parkを模したとみられる円形のイラストが、金色で描かれていた。

昨年、2017年も9月12日にイベントを開催し、iPhoneとApple Watchを披露した。2018年も同様に、iPhone 3モデルとApple Watchの新版が発表されるとみられている。

このスケジュールからすると、9月14日に予約が開始され、9月21日に発売されることになるだろう。発売日の前に、6月の開発者会議で発表されていたiOS 12、watchOS 5などの新OSも無償アップデートが開始されるはずだ。

今年もリーク合戦の様相

例年通り、アップルからの正式な発表以前から、新型iPhoneに関する予測が様々なメディアで報じられてきた。これらを総合すると、有機ELディスプレイを用いたiPhone Xの後継と、その大画面モデル、そして全画面液晶ディスプレイを備える廉価版の3つのモデルが用意されると考えられてきた。

招待状の送付と前後し、アメリカのアップル系ブログメディア「9to5mac」は、新型のiPhoneやApple Watchの画像を掲載した。その画像には、iPhone Xと大画面モデルが、招待状に用いられたような金色のボディで描かれている。

次ページゴールドモデルが追加か
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 中原圭介の未来予想図
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。