人気「コードレス掃除機」のいま買うべき3選

対ダイソンの本命はパナソニックの新モデル

北米市場で掃除機シェアナンバーワンを誇るメーカー「シャークニンジャ」が7月、日本市場に参入した。ワンタッチで本体が半分に折れる構造が斬新(筆者撮影)

2018年も下半期に入り、年末商戦をターゲットに定めた家電製品が続々と発表が続いている。中でも注目が集まっているのが掃除機市場で、主戦場となっているのがコードレススティック掃除機だ。調査会社GfKが発表した2018年上半期家電・IT市場動向によると、キャニスター型やロボット型の出荷数が減少しているのに対して、コードレススティック掃除機は前年同期比で約24%増加。数量構成比でも43%と過半数近くを占めるようになっている。

今年は国内主要メーカーの多くが新型モデルを発表しており、さらにダイソンも約2年ぶりとなる新型コードレススティック掃除機を発売するなど盛り上がっているのだ。

アメリカではダイソンを抑えてシェアトップ

コードレススティック掃除機カテゴリーにおいて2018年のトップニュースのひとつが、北米市場で掃除機シェアナンバーワンを誇るメーカー「シャークニンジャ」が日本市場に参入したことだ。日本人の体格に合った日本向けモデルを新たに開発して投入するという本気ぶりだ。

この連載の一覧はこちら

7月に発売されたシャークニンジャの日本参入モデル「EVOFLEX S30」(実勢価格6万9800円)のいちばんの特徴は、ワンタッチで本体が半分に折れる構造。これにより、コンパクトに収納できるほか、ソファやベッドの下もアタッチメントを切り替えることなく、スムーズに掃除できるとしている。

発表会において「EVOFLEX S30」を実際に触ってみたが、独自性が高く、吸引力も十分で満足もできる性能だと感じた。ただし、同時に使用時重量で約3.3キロはやや重いとも感じた。男性が使うなら問題はないが、日常的に女性が使うのはやや負担がありそうだ。

次ページ対ダイソンの本命は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。