今時の若者が「上司とBBQしたい」と思うワケ

ここ15年ほどで急速に変わってきた

写真右から正田郁仁(法政大学経営学部2年)、神谷菜月(明治大学経営学部3年)、須田孝徳(早稲田大学大学院 商学研究科 修士1年) (写真:筆者提供)
前回記事で、人手不足で重宝される若者たちが、バイト先でかなり優遇されていることが明らかになりました。『若者わからん!  ―「ミレニアル世代」はこう動かせ―』を著した博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平さんが、7人の現役大学生たちに「理想の上司」「下につきたくない上司」を聞きます。
前回記事:バイト先で「VIP待遇」を受ける若者のリアル

「見て学べ」はNGだが「成長」はしたい

原田:「こんな社員・先輩がいるバイトは嫌だ」というのはある?

須田:社員さんから怒られたことは1度もないんですが、40歳くらいのパートの男性からは理不尽なことを言われて嫌でした。それで辞めちゃった女性の学生バイトもいます。

原田:つまり学生バイトを雇う会社側としては、社員が学生に優しく接するだけじゃなく、パートさんやバイトリーダーといった中間管理職ポジションに、どう若者と接すればよいかということを、ちゃんと教育しないといけないんだね。企業からすると、これは大変だ。じゃあ君たちが社会人になったとして、「嫌な上司」ってどんな人?

山切:明確に指示してくれない人は嫌です。「荷物、その辺に置いといて」と言われても具体的に言ってくれない。それで適当に置くと「そこじゃない」って言われる……。

樋川:私もホテルのコンパニオンのバイトに入りたての頃、「見て学べ」って感じで、初回からいきなりパーティーに入れられたんですよ。先輩は「私の真似して動いて」って言うんですが、それで間違えて怒られるのは納得がいきませんでした。社会人になってからでも、そういうのは嫌ですね。

正田:自分が仕事に慣れてないうちはちゃんと育ててほしいし、丁寧にアドバイスしてほしいです。

原田:日本社会は昔から「俺の背中を見て学べ」文化だからね。特に年配の男の人はコミュニケーションの苦手な人が多くて、「不器用で寡黙だけど人柄はいい」が美徳になっている側面もある。細かく具体的に指示されたい若者からすると、そういう人はきついだろうね。高倉健さんなんか、今時の上司の理想像からは離れてきているかもね。

次ページマニュアルの押しつけも嫌
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。