「事故物件」借りたらマジで壮絶にヤバかった

「事故物件住みます芸人」の物件選びに同行

事故物件に5軒連続で渡り住んでいる「事故物件住みます芸人」松原タニシさん(筆者撮影)

「過去に人が事件や事故で亡くなった賃貸物件、通称『事故物件』は安く住むことができる」

という噂を聞いたことがある人は多いだろう。ただ実際に不動産屋で

「事故物件に住みたいんですけど!」

と聞いたことがある人は少ないのではないだろうか。

新宿で事故物件を借りたい

今回は、事故物件に5軒連続で渡り住んでいる、松竹芸能所属の「事故物件住みます芸人」松原タニシさんと一緒に、実際に事故物件を借りに出かけてみた。

松原さんが登場した『「事故物件住みます芸人」が見た壮絶な現場』(2018年2月12日配信)は、多方面から大きな反響を得た。そして6月に出版した自身の事故物件経験をつづった単行本『事故物件怪談 恐い間取り』は、1カ月あまりで11版を重ねる大ヒット作品になっている。世の中の事故物件に対する注目の高さがうかがい知れる。

前回のルポを参照してもらいたいが、松原さんはこれまでに5軒のさまざな事故物件に住んできた。

そして現在は関西と関東に2軒の物件を借りている。

「関東の物件を借りてそろそろ1年になるので、新しい物件を借りようと思ってるんですよね。交通の便の悪い場所だったので、新しい物件は東京の都心部がいいなと思っています。深夜バスで移動することが多いのでバスタ(新宿高速バスターミナル)のある新宿を狙っています」とのこと。

次ページ新宿の雑居ビルに入っている不動産屋へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!