サイバー危機の発生は決して夢物語ではない

なぜ金融の専門家は予想できないのか

 

2008年に金融危機が襲った際、多くの評論家たちは、「なぜ市場や規制当局、金融の専門家はそれが予想できなかったのか」と問うた。今日、サイバー攻撃に対する世界経済の脆弱さについて同じ質問が出るかもしれない。 

現代の経済が大規模なコンピュータシステムに依存していることはどんなに強調しても十分でない。サイバー攻撃による最大の脅威は、極めて洗練されたコンピュータウイルスを開発する能力を持つ「ならず者国家」によるものだが、無政府主義のハッカーやテロリスト、さらには自然災害によるコンピュータの故障もリスクとなる。

専門家たちは長い間、電力供給網が最大の弱点であるとしてきた。現代の経済は電力がなければ崩壊するからだ。この見方に懐疑的な人々は、低コストの妥当な予防的措置を取れば、大規模なサイバーメルトダウンはありえず、終末論者は最悪のシナリオを誇張していると論じる。彼らは、07年の映画『ダイハード4』にあったように、サイバーテロリストや脅迫者たちが世界経済を崖っぷちまで追い詰める力を持つことはまったくのフィクションだと言う。

どの意見が正しいかを判断するのは難しい。しかしながら、政治経済学的な観点において、サイバースペースの規制と金融の規制は驚くほどに類似している。 

次ページ金融危機から学べる教訓
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。