危ない求人票に仕掛けられた罠を見抜く方法

給与欄はここをチェックしよう

また、今度は大手コンビニのフランチャイズを運営する会社に新卒で入った人の事例を見てみよう。連載第2回でも紹介したケースだ。

大手コンビニとフランチャイズ契約をして15店舗ほど運営している会社に正社員として入った女性からの相談。求人サイトでは「月額20万円」「1日8時間のシフト制」「年間休日100日」とあったが、実際に採用が決まり契約書を交わすと、そこには基本給が15万円、ほかにさまざまな手当が含まれていて、手取りは「17.8万円」となっていた。

しかも労働時間は1日8時間のはずが実際には毎日8時から22時まで休憩もほとんどなく働いており、休日もまず週2日とれることはなく、年間100日には到底足りなかった。

「月額20万円」が「月額17.8万円」ここまで来ると単に「嘘」の求人である。

しかし、単に「騙された」ですめばまだマシかもしれない。実は、この固定残業代制度を「活用」した企業では、すでにいくつも過労死・過労自殺事件が引き起こされている。

有名なのが外食大手チェーン店を経営する大庄株式会社の「日本海庄や」での過労死事件だ。この会社では新卒社員を「月給19万4500円」として募集していたにもかかわらず、入社後にそこに「80時間分の固定残業代」が含まれていた。そして2007年には月300時間に迫る長時間残業の結果、入社4カ月の24歳の男性社員が過労死するに至っている。

違法な固定残業代制による「求人サギ」は現在、爆発的な広がりを見せている。2014年にブラック企業対策プロジェクトが、ハローワークのインターネットサービスを対象に行った調査では、これを導入している求人は180件あり、そのうち違法なものが139件も発見されている。

http://bktp.org/news/896

恐るべし「固定残業制度」……。次回は、あぶない求人票を見抜くコツ(その2)をお送りします。「給与」のごまかしだけでなく、「雇用形態詐称」まで今はある! 11月28日(土)公開予定です。

 

(文:今野 晴貴/NPO法人POSSE代表)

幻冬舎plusの関連記事
第2回 ノンフィクション作家/探検家・角幡唯介(前編)人はそれほど挫折を経験するものなのか?角幡 唯介
日本的なレールから外れた人を待ち受ける茨の道。(岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』)羽田 圭介
第5回ダイエットはしたいけど、頭を使う仕事なので糖質はちゃんと摂ってます!!山田 悟

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT