危ない求人票に仕掛けられた罠を見抜く方法

給与欄はここをチェックしよう

一方で、このような求人票はどうだろうか。

まず、休日や休暇についての情報がなく、肝心の給与と勤務時間についても、不明な点が多い。店舗の開店時間や閉店時間が店舗によって異なるらしいが、シフト制のもとで実際に1日何時間働くかわからないし、「残業手当」なるものの説明も不十分である。

このような求人票では自分の労働条件がほとんどわからない。実は、それどころか、この求人票には典型的な「求人サギ」の手口が潜んでいるのだ。

■手口1 給与の水増し ――「営業手当」「残業手当」「勤務手当」等々(固定残業代)

給与欄の「注意書き」と「手当」に注意

この「よくわからない求人」の例について、まずは給与の欄に着目しよう。大卒で23万円と高めに設定されているが、額だけ見て安心してはいけない。注意書きもよく見る必要がある。

注意書きには「30時間分の残業手当を含む」とある。ということは、月30時間までの残業に対して払われる残業代は、この23万円の中に入っているということだ。このように一定の残業代をあらかじめ給与に含み込ませた給与体系を「固定残業代制」という。

ここで疑問が生じる。23万円のうち、いったい何円がその「残業手当」として払われているのか? 定時の基本給は何円なのか?

この求人票にはそれが明記されておらず、まったくわからない。

実は、このような求人は違法である。なぜなら会社が残業代を含んだ給与支払いをするためには、その給与額のうち残業代が何時間分で何円なのか明らかにしなければならないからだ。また、その場合であっても、規定の残業時間(今回の場合月30時間)を超える残業が行われたときには、超過分の残業代が別途払われなければならない。

つまり、上記の求人の内容のままだと、会社は法律上、残業時間全時間分の残業代を23万円とは別に本来は支払わなければならない。

次ページ「固定残業代制」を悪用する企業
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT