危ない求人票に仕掛けられた罠を見抜く方法

給与欄はここをチェックしよう

入社後に「条件が違う!」とならないために気をつけたいこと(写真 :ぺかまろ / PIXTA)
実は企業のやりたい放題の求人票。キラキラした就活サイトを見ていると、どこもすばらしい会社に思えてくるものの、自分の脳まで“お花畑”にしてしまってはいけません。誰も教えてくれなかった、あぶない求人票の見分け方とは。

 

今回から、いよいよ「求人サギ」の実態を見ていく。だがその前にまず「求人票」の仕掛けを見ておこう。

求人票は入社後の労働条件、給与欄のこの書き方に注意

求人票とは、就職活動中の人に向けて、企業が給与や労働時間などの労働条件を示すデータである。「募集要項」と呼ばれたり、就活サイトによっては「採用情報」「採用データ」と呼ばれたりするものだ。

典型的な求人票の例をあげよう。

求人票の内容は、内定時に別の条件が明示されなければ、そのまま入社後の労働条件となる可能性があるものである。そのため、上の例のように、賃金はもちろん、仕事の内容や、仕事の時間、休憩時間や休日の決まりがわかりやすく書いているのが望ましい。

次ページ悪い求人票の例
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT