危ない求人票に仕掛けられた罠を見抜く方法

給与欄はここをチェックしよう

入社後に「条件が違う!」とならないために気をつけたいこと(写真 :ぺかまろ / PIXTA)
実は企業のやりたい放題の求人票。キラキラした就活サイトを見ていると、どこもすばらしい会社に思えてくるものの、自分の脳まで“お花畑”にしてしまってはいけません。誰も教えてくれなかった、あぶない求人票の見分け方とは。

 

今回から、いよいよ「求人サギ」の実態を見ていく。だがその前にまず「求人票」の仕掛けを見ておこう。

求人票は入社後の労働条件、給与欄のこの書き方に注意

求人票とは、就職活動中の人に向けて、企業が給与や労働時間などの労働条件を示すデータである。「募集要項」と呼ばれたり、就活サイトによっては「採用情報」「採用データ」と呼ばれたりするものだ。

典型的な求人票の例をあげよう。

求人票の内容は、内定時に別の条件が明示されなければ、そのまま入社後の労働条件となる可能性があるものである。そのため、上の例のように、賃金はもちろん、仕事の内容や、仕事の時間、休憩時間や休日の決まりがわかりやすく書いているのが望ましい。

次ページ悪い求人票の例
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。