「イスラム国」の戦い方が大きく変わった理由

テロを防ぐために国際社会はどうすべきか

「イスラム国」が公開しているシリア東部で撮影したとみられる画像(写真:Abaca/アフロ)
現地時間の11月13日夜、パリで起きた同時多発テロのニュースが世界を震撼させました。犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
国際政治学者で中東問題の第一人者である高橋和夫さん(放送大学教授)が、『イスラム国の野望』を刊行したのは、今年1月。パリでイスラム過激派による連続テロ事件が起きた直後でした。本の「はじめに」で高橋さんは、「イスラムと中東問題は、今後とも世界情勢を左右するでしょう」と述べていますが、2015年は、まさに世界中が、イスラム過激派の脅威にさらされた1年となりました。
今回の事件をどう理解すべきなのか。今後、どんな点に着目して、事態の推移を見ていくべきなのか。11月15日の午後、高橋さんにインタビューし、お話をうかがいました。

導かれる不幸な結論

今回の同時多発テロで、フランスのオランド大統領はいち早く「イスラム国」(IS)の犯行であると断定し、「イスラム国」側も犯行声明を出しました。私も犯人は「イスラム国」と考えてよいと思います。

今年1月のシャルリー・エブド襲撃事件の直後に刊行した著書『イスラム国の野望』で、「テロリストたちが、アルカーイダを名乗って、勝手連的に動いたのではないか。今後も国内にいる過激派の勝手連的なテロを防ぐのは難しいでしょう」と書きました。しかし、今回は一匹オオカミ的なテロではなく、同時多発、非常に大規模で組織だって行われていることから、「イスラム国」本体もしくは支部の主導によるものだろうと考えます。

次ページ今回の事件は、例外だったのはなぜか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。