家を買っても釘が打てない!日本の住宅の謎

背景には供給側の事情が……

なぜ日本ではマンションでも戸建てでもなかなか釘が打てないのか?(画像提供:R不動産toolbox)
日本の賃貸住宅では、壁に棚を付けたり色を変えることは「できない」「敷金が戻らない」「大家さんの許可が……」というのが一般的な見解。だから、持ち家になったら何でも自由にできる!と思っている人も多いのでは? でも実は、家を買ったとしても壁に重いものを取り付けるのは、意外と簡単ではないようだ。いったいなぜ?

日本の分譲マンションはつくりこまれすぎている

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

その答えは、10月4日に東京都台東区・浅草橋で行われた、これから販売開始となる新築分譲マンションのトークセッションイベントにあった。テーマは「暮らしを編集する家」。「編集」にはいろいろな意味が込められているのだが、今回は主に「壁のカスタマイズ」について紹介したい。

トークセッション登壇者の3名。左からデザイン監修を手掛けたOpen Aの代表 馬場正尊さん、インテリアスタイリストでDIYの実践者である石井佳苗さん、東京ガス 都市生活研究所の稲垣勝之さん(画像提供/双日新都市開発株式会社)

馬場正尊さんは「東京R不動産」をはじめ、街や建物のリノベーションなど数多くの事業にかかわっている。そんな馬場さんは10年ほど前に米国各地で見たリノベーションやDIY物件に大いに刺激を受けたという。デパートが美術館になったり、ビール工場の跡地が住居とオフィスの複合施設になったり。そして、ハコ以外何もない、いわゆる「スケルトン」の状態で販売されているマンションなどを見て、これが究極の未来の分譲マンションの姿では、と感じたそう。

左:ロサンゼルスにある美術館、元はデパート 右:シカゴで売り出されていた「スケルトン」状態の住居用マンション、元はオフィス(画像提供/DAICI ANO)

日本でもここ数年リノベーションの認知が高まったり、DIYが身近なものになりそれを楽しむ人たちが増えてきている。にもかかわらず、日本の新築分譲マンションでは、住み手が手を加える余地がないほど、いろいろつくりこまれている、と感じていた馬場さん。今回の双日新都市開発の新たなプロジェクトの話を受け、ともに企画をすることになったそうだ。

次ページDIYが身近なものになりつつあるが……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT