子どもが地元に戻る!板橋サンシティの秘密

すでに100組近くが親世代と「2世帯近居」

二世帯近居とは?

“育ったマンションに戻って親と近居する”まさに二世帯近居という新しい暮らし方がマンション内で生まれている。板橋区にある築35年のマンションを訪ねて、実際に戻ってきた家族とその両親に楽しい暮らしぶりを聞いた。

「都心にふるさとをつくる」というコンセプト

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

今回取材したのは、板橋区の高台に建つ「サンシティ」に住むYさんファミリー。

サンシティは1棟目の竣工から数えて35年が経過し、低層棟からタワー棟を含み合計14棟で構成され約1900世帯が暮らす。大規模タワーマンションの草分けといってよいだろう。

マンションのなかには、水が流れる滝の広場、テニスコート、子ども用屋外プールなどがあるが、圧倒的な面積を占めているのは敷地の真ん中にある「緑の森」である。

サンシティの真ん中にある森の入り口にある滝の広場。夏には子どもたちが水遊びで楽しむ様子も見られる。森の中に入るとBBQ広場、タケノコ堀 りができる竹林、木登りができるトトロの木、シイタケ栽培コーナーなど自然に親しめる仕掛けがいっぱいある(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

「都心にふるさとをつくる」というコンセプトのもと設計されており、自然の起伏を活かし分譲当初に植栽されたというが、今や緑陰のごとし。大きく広げた枝葉が青空を覆い隠すほど成長し、都会のオアシスとなっている。

この緑の並木に導かれるように、Yさん(39歳)の住むタワー棟に到着した。

次ページYさんがここに戻ってきた理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。