仕事に好影響?猫つきオフィスに行ってみた

お世話は必要だけど、癒やしもやってくる

福岡市にある、猫付きシェアアフィス。保護団体のスタッフが健康チェックやトイレのしつけをしており、手を焼くことはほとんどない

もしオフィスに猫がいたら。ついつい気をとられ、仕事が進まないのではないだろうか? 猫好きにはうれしいオフィスであることは想像できるが、猫初心者にとってはどんな使い心地だろう? そんな疑問を抱きつつ猫付きシェアオフィスを取材した。

シェアオフィス兼保護猫シェルター

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

シェアオフィス「Qstudio」。リノベーションの企画・施行、シェアハウスの企画・運営などを行っている株式会社福岡リノベースが運営する、猫付きのシェアオフィスだ。福岡市中央区に7月にオープンした。

「もともとは自分のオフィスが欲しいと思ったのがきっかけでした」と話すのは運営・管理を担当し、入居者でもある江頭聖子さん。もちろん、自身も大の猫好きだ。取材当日も2匹の猫が元気に走り回っていたが、実はこの猫たち、ただ癒やしのために飼っているわけではない。

「保健所に送られた猫の救出から里親探しまでを行っている団体『福ねこハウス』から預かっている猫たちなんです。引き取り手がないと殺処分されてしまうという現状を入居者や来客の方に知っていただくことも運営の目的としています」と江頭さん。なるほど、「Qstudio」は、オフィスとして活用しながら殺処分を減らすための猫のシェルターにもなっているというわけだ。平日はオフィスとして稼働し、土日は猫を引き取りたいという方を対象とした保護猫の見学会も行っているという。

次ページ利用しやすい料金でスタートアップ支援
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。