仕事に好影響?猫つきオフィスに行ってみた

お世話は必要だけど、癒やしもやってくる

福岡市にある、猫付きシェアアフィス。保護団体のスタッフが健康チェックやトイレのしつけをしており、手を焼くことはほとんどない

もしオフィスに猫がいたら。ついつい気をとられ、仕事が進まないのではないだろうか? 猫好きにはうれしいオフィスであることは想像できるが、猫初心者にとってはどんな使い心地だろう? そんな疑問を抱きつつ猫付きシェアオフィスを取材した。

シェアオフィス兼保護猫シェルター

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

シェアオフィス「Qstudio」。リノベーションの企画・施行、シェアハウスの企画・運営などを行っている株式会社福岡リノベースが運営する、猫付きのシェアオフィスだ。福岡市中央区に7月にオープンした。

「もともとは自分のオフィスが欲しいと思ったのがきっかけでした」と話すのは運営・管理を担当し、入居者でもある江頭聖子さん。もちろん、自身も大の猫好きだ。取材当日も2匹の猫が元気に走り回っていたが、実はこの猫たち、ただ癒やしのために飼っているわけではない。

「保健所に送られた猫の救出から里親探しまでを行っている団体『福ねこハウス』から預かっている猫たちなんです。引き取り手がないと殺処分されてしまうという現状を入居者や来客の方に知っていただくことも運営の目的としています」と江頭さん。なるほど、「Qstudio」は、オフィスとして活用しながら殺処分を減らすための猫のシェルターにもなっているというわけだ。平日はオフィスとして稼働し、土日は猫を引き取りたいという方を対象とした保護猫の見学会も行っているという。

次ページ利用しやすい料金でスタートアップ支援
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。