建築費上昇!戸建て派はどう対応しているか

借り入れを増やすか、何かを節約するか

注文住宅でも価格が上昇しています(写真 : KAORU / PIXTA)
建築費の高騰などで、新築マンションの価格が上昇していると報じられているが、ハウスメーカーなどが建築する注文住宅でも、その傾向が鮮明という調査結果が報告された。住宅生産団体連合会(以下住団連)の調査結果を詳しく見ていこう。
【今週の住活トピック】
2014年度戸建注文住宅の顧客実態調査」を報告/住宅生産団体連合会

半数が土地を購入して建築、合計取得費は5060万円

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

まず、「2014年度戸建注文住宅の顧客実態調査」によると、注文住宅を建てた人の多くは、土地探しから始めていることがわかる。

6割弱は土地を新たに入手(土地を購入して新築50.1%、新たに土地を借りて新築0.5%、買い替え6.5%)して家を新築しており、建て替えや親の土地を相続して新築した割合は4割強だった。

次に、全国で注文住宅を建築した人の平均像を見てみよう。平均世帯年齢は42.0歳、平均世帯人数は3.48人、平均世帯年収は851万円で、二世帯同居率は12.9%だ。平均年齢は40歳を超えているが、実際の分布は30歳代が40.5%と中心となっており、9.6%を占める60歳代が平均を引き上げるような構図となっている。

住宅の平均延床面積は、129平方メートルで、住宅の平均取得費(土地代と建築費の合計)は4554万円、平均建築費は3310万円、平均自己資金は1480万円、平均借入額(借入ありのみ)は3540万円だ。

次ページ建築費が上昇傾向だが……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT