年収の10倍!高騰する東京マンション事情

もう手が届かないのか?

さらに、富裕層向けの大規模な高額マンションが売り出された場合、その物件の価格が平均に与える影響は大きい。価格が高く、戸数が多いほど、平均価格を押し上げる材料になる。こうした特定エリアや特定物件によって、平均価格が押し上げられ、年収倍率が高くなっている可能性もあるので、年収倍率が高いからといって手が届かないとあきらめる必要はない。

郊外の新築マンションの価格上昇幅は緩やか

一方、投資目的ではなく、地元に住んでいる人が購入層となる郊外の新築マンションでは、サラリーマンの収入が増えていないこともあって、価格を上げにくい状況となっている。都心部などに比べると価格上昇幅は緩やかなので、年収の10倍でないと買えないということは考えにくい。

中古マンションの年収倍率も、築10年の平均という前提がある。中古マンションは新築マンション価格の影響を受けるという側面はあるが、築年に応じて価格が下がっているマンションもあれば、中古でも新築分譲時の価格より高い価格で売買されるものもある。

要するに新築・中古ともに、マンションが買いやすかったこれまでよりも、価格上昇などで買いにくくなっている状況にはあるが、あくまで購入を検討する物件の価格に対して、自分の年収で購入できるかどうかを冷静に判断するということに尽きる。マイホームを必要とするタイミングにあるなら、慌てず冷静に検討するのがよいだろう。

(文:山本 久美子)

SUUMOジャーナルの関連記事
70歳で払えるの!? 35年の住宅ローンって長すぎない?
中古マンション価格上昇中。東京23区で売り時の駅はどこ?
共働きに新住宅ローン、夫婦“どちらでも”万一のときは残債ゼロに

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。