年30組が移住する、高知県の町の秘密

イケダハヤト氏が移住した先は?

なぜ高知県の町への移住が人気なのか?(写真:れいほく田舎暮らしネットワーク)

イケダハヤトさんが先日、引越した高知県嶺北地方。実は年間30組の家族が移住してくるという、移住界隈(?)ではちょっとした人気のエリアだ。便利とは言い難いこの地域になぜ人々は惹かれ、引越してくるのだろうか。仕事は、そして住まいはどうしているのだろうか。2組の移住経験者に体験談を聞いてみた。

移住の2大問題・住まいと仕事を解決するノウハウがある

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

高知県嶺北地域とは、土佐町と本山町、大豊町、大川村の4つの町村のことをいい、地図で見るとちょうど四国の中央に位置する。高知の市街地から高速道路を使って30〜40分、美しい川と緑が残された地域だが、ひと言でいえば「自然以外、なんの変哲もない田舎」(失礼!)だ。

しかし、日本各地から年間30組以上が引越してくるといい、最近では希望者が多すぎて、空き家が足りなくなるほどだという。移住者の定着率も高く、多くの人がこの嶺北地域での暮らしに満足しているとか。

今回、話を聞いたのは、そんな移住者のYさん(40代、独身)と、広瀬さん(30代、妻とお子さん2人の4人暮らし)。まず2人が口をそろえたのは、人との出会い、そして居住者の受け入れ体制だ。

広瀬さんや移住者たちが中心となり、生み出された焼酎(写真撮影:嘉屋恭子)

「西日本を中心に、岡山や広島、香川、鹿児島、徳島などを見学しましたが、最終的に落ち着いたのがココ・嶺北です。移住の最大の悩みである“住まい”と“仕事”のメドがたつことが大きかったですね」と広瀬さん。Yさんも、「見学したときに、若い人が多くて印象に残っていました。当初は空き家がなかったのですが、移住者ネットワークが大家さんに掛けあってくれて、今の住まいが見つかりました」と振り返る。

仕事がなければ家が貸してもらえず、家が定まらなければ仕事が見つからない。ニワトリタマゴのようだが、移住するときにいちばん問題となるのが、この住まいと仕事の問題だ。この嶺北地方には、れいほく田舎暮らしネットワークというNPOがあり、移住者を積極的に受け入れてきたため、住まいや仕事のバックアップ体制が整っているという。

「移住の先輩方が多数いるので、移住で直面する壁は、だいたいみなさん経験済みなんです(笑)。解決のためのノウハウが蓄積されているので、先輩方に聞けばなんとかなります」と広瀬さんはいう。

次ページ収入は減ったものの……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT