モアイ像1000体を誰が何のためにつくったのか ムー大陸の遺産?「自分で歩いた」の伝承も

印刷
A
A
小さな島に約1000体もある石の巨像、モアイ像の謎(写真:hinata/PIXTA)
謎とロマンにあふれている古代文明。あの建造物や不思議な絵などは、いつ、誰の手で、何のためにつくられたのか……? 世界中に残る謎に満ちた遺跡や神秘的なスポットについて解説。イースター島のモアイ像の謎をお送りします。

絶海の孤島に立ち並ぶ巨像

南太平洋の東部に浮かぶイースター島。1888年以来、南米チリの領土となっているこの島は、モアイ像という巨像が建ち並ぶことで知られている。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

形状だけを見るなら、日本の「こけし」に近いが、モアイ像はすべて石製でサイズは桁違い。最小のものでも高さ1.13メートル、最大のものだと高さ21.6メートル、重さ160~182トンにもなる。周囲58キロメートルというから、佐渡島の4分の1程度しかない小さな島に、こんな代物が約1000体も確認されているのだから驚きだ。

イースター島はチリの首都サンティアゴから飛行機で5時間40分ほどの距離にあり、フランス領ポリネシアのタヒチ島からでも飛行機で5時間ほどかかる。周囲とそれほど離れているなら、絶海の孤島と呼ぶのも大げさではない。

次ページ製造したのは「ムー大陸」の生き残りの人々か
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT