ディズニーパワハラ裁判に見えた難題【動画】 スタッフの大半占める「準社員」が向き合う熾烈

印刷
A
A

東京ディズニーランドのショーに出演していた契約社員の女性が、上司や同僚からパワーハラスメントを受けたとして、運営会社のオリエンタルランドに330万円の損害賠償を求める裁判を起こしました。

「夢の国」でなぜ?

千葉地裁は3月29日、会社側の安全配慮義務違反を認め、88万円の賠償金の支払いを命じました。

「夢の国」として多くのファンを抱えるディズニーランドで、なぜこのようなパワハラが起こってしまったのでしょうか。

東洋経済の田邉佳介記者のレポートをもとにポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:スープアップデザインズ、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT