京都南部で相次ぐ地震、1カ月に「M4以上」が4回 震源付近には活断層も、今後1~2カ月続くおそれ

印刷
A
A

京都府南部で地震が相次いでいる。3月末から約1か月の間で、マグニチュード(M)4以上の地震が4回発生し、震源の付近には活断層もある。気象庁は12日の定例記者会見で、この地域で地震活動が活発化していることに触れ、「大きな地震につながるかどうかはわからないが、普段の備えを再確認してほしい」と呼びかけた。

同庁によると、3月31日、京都府亀岡市でM4・4(最大震度4)の地震が発生。その後、この周辺では4月25日、同30日、5月2日にM4・1~4・4(同3~4)の地震が続けて起きた。震源はいずれも深さ12~14キロで、数キロの範囲内に集まる。大きな地震の後に小さな地震が続く「本震―余震型」ではなく、同じ規模の地震が続いているのが特徴だ。

 震源のすぐ近くには京都府綾部市から大阪府島本町へと至る「 三峠(みとけ) ・京都西山断層帯」がある。断層帯周辺では1968年と99年にM4以上の地震が続いたことがあり、68年にはM5・6(最大震度4)の地震も起きた。

 政府の地震調査委員会の平田 直(なおし) 委員長も13日、定例会後の記者会見で「京都府南部は元々地震が続発しやすい地域とされ、今後1~2か月は続くかもしれない」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT