武田真治が「運動するならまず縄跳び」を勧める訳 思わぬ危険やケガもなく身体にストレスも少ない

印刷
A
A
鍛えられた肉体を持つ武田真治さんですが、もともとは華奢だったそうです(写真:HIRO KIMURA )

今では鍛えられた肉体を持つ武田真治さんですが、もともと体は華奢で不健康な生活を送っていたといいます。そんななかで発症した顎関節症。運動を始めたのは、その不調を克服するためだったそう。

そして最初に取り組んだのが「縄跳び」でした。いきなり運動を始めるのは大変です。『優雅な肉体が最高の復讐である。』から縄跳びのススメをお届けします。

縄跳びでまずは100回を目指してみる

特に僕と同世代で久しぶりに身体を動かすというかたにいきなり激しい運動はお勧めできません。まずは少しずつ身体を動かして、心拍数が上がり汗をかくのに慣れることが必要です。僕も以前顎関節症(がくかんせつしょう)になったとき、縄跳びから運動を始め、ジムに通うようになるまでの半年くらいは、縄跳びだけをやっていました。

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

まったく運動をしていないと少し動いただけで、息がすぐに上がって辛くなります。僕の経験からいうと、運動は動き始めて身体に熱がこもり、汗をかき出すまでが辛いはずです。汗をさらさらとかけるようになると、運動が辛くなくなります。縄跳びは、ランニングと同じ有酸素運動なので、続けていると汗を上手にかけるようになります。

それに運動に慣れないうちに外を走ったりすると、思わぬ危険や怪我(けが)に見舞われかねません。意識が朦朧(もうろう)とする中、かなりのスピードで次から次へと景色や状況が変わるので、脳の情報処理が追いつかず、その結果車道と歩道のわずかな段差で転んだり、赤信号を見落としたりして、危ないのです。

身体にストレスが少ないという点でも縄跳びはセーフティな運動です。ランニングである程度スピードを出すと、体重の2倍から3倍の着地衝撃が膝(ひざ)などにかかるそうです。体重70kgだと最大200kg以上の衝撃がかかる計算。その点、縄跳びはその場をぴょんぴょんと両足で跳ぶので、身体への負担はずっと少ないのです。

まずは100回、1回もミスしないで連続して跳ぶことを目指してみてください。

(写真:HIRO KIMURA スタイリング:伊藤伸哉 ヘア&メイク:酒井啓介)
次ページある程度いいテンポ感でやろうとすると
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT