ナダル「人生に無駄なことはない」と断言する理由 「やりたいことは全部やったほうがいい」

印刷
A
A
ナダルさんはなぜ後悔をしないのか?(写真:尾形文繁)
「何でも経験になりますからね。全部のことを嫌だなと思って向き合わずにやるよりは、嫌なことでもやって自分の経験にしたほうがいい」と語るのは芸人のナダルさん。
自身の本音を包み隠さずにつづった新刊『いい人でいる必要なんてない』が話題のナダルさんに、「新しいことに挑戦できずモヤモヤする人」に向けて、アドバイスをしてもらいました。

「テレビでは僕の悪いところしか使われない」

――出版社の方から「本を書きませんか」という話を最初に聞いたときにはどう思われましたか?

僕の本音の部分を書かないといけないということだったので、ちょっと迷いはありましたね。いつかそんな日が来るかもしれないとは思っていたんですけど、いま出していいものなのか、とか。それで相方の西野(創人)にも相談したら「やったほうがいい」と言ってくれたので、引き受けることにしました。

1年前ぐらいまでは、こういう取材を受けたときにも、どこまで本音を言って、どこまで芸人として答えたらいいのか、迷っていた部分はあったんです。でも、最近はコンビでYouTubeをやっていて、そこでは素に近い部分を見せるようになったんです。それで西野も「これだけYouTubeで全部出すようになったら、みんなわざとやっている部分もあることをわかったうえで笑ってくれているから、別に(本音を書いても)いいんじゃないですか」と言っていたから、書いてもいいのかなという感じになりました。

――そろそろ本当のことを言ってもいい時期じゃないかと思ったんですね。

テレビでは僕の悪いところしか使われないので、テレビだけ見ている人はこの本を読んだら驚くかもしれないですけど、YouTubeも見てくれている人は、そうだろうね、ぐらいの感じなんじゃないですか。

――「クズ芸人」として意識的にキャラクターを作っていることも赤裸々に書かれていますが、そういうのを表に出すと芸人としての活動に影響が出る可能性もあると思うんですが、そこに葛藤はありませんでしたか?

正直、それはありました。まだしばらくこの感じでいく予定だったので。でも、この本を出したからといって仕事がなくなるわけじゃないですし、新しい人も次から次へと出てくるじゃないですか。そういう意味では、そこに小さくまとまるよりも、もっと自分自身の面白さを追求する機会なのかなと思いました。

たとえば、この本を読んで「わざとやってたんかい」とか思う人もいるかもしれないですけど、それ以上に面白いリアクションができたり、面白いことが言えたりしたら、別に関係ないかなと。

次ページ人生を変えた「狩野英孝さん」の存在
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT