東大敷地内でテスト受験生ら3人切りつけられる

17歳か、男の身柄確保

15日午前8時35分頃、東京都文京区の東京大学敷地内で、男が大学入学共通テストのため訪れていた受験生の男女らに突然、刃物で切りつけた。

受験生ら3人が刃物で襲われた現場を調べる捜査員ら(15日午前9時44分、東京都文京区の東京大学で)=沼田光太郎撮影

警視庁によると、高校生の男女2人と70歳代の男性1人がけがを負った。3人は意識があり、命に別条はないという。警視庁は切りつけた男の身柄を現場で確保し、殺人未遂容疑で詳しい状況を調べている。

受験生らが切りつけられた東京大学の大学入学共通テスト会場(15日午前9時45分、東京都文京区で)=木田諒一朗撮影

捜査関係者によると、男は17歳の少年とみられる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT