ソニー、EV参戦の先に透ける「裏方で稼ぐ未来」

スマホ事業と「同じ立ち位置」を狙う可能性

新たに披露された試作車「VISION-S 02」は消費者の嗜好を反映したSUV。車台は2年前に公開した「01」と共通だ(写真:時事)

「試作と量産では次元がまったく異なる。安全性を担保するのも簡単ではない」。日系自動車メーカーの幹部は、ソニーのEV(電気自動車)参入の一報を受け、そう語った。

アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大のテクノロジー見本市「CES2022」で1月4日(現地時間)、ソニーグループの吉田憲一郎社長は「ソニーのEVの市場投入を本格的に検討する」と宣言した。

価格優位性よりも高い付加価値

2020年のCESでソニーが開発したEV「VISION-S(ビジョンエス)」の試作車を公開(詳しくは、ソニー「aibo」開発陣が作ったEVの野望)してから丸2年。当初は「量産の予定はない」と慎重な姿勢だったが、方針を転換。公道での走行実験や協力会社との議論などを通じて知見と自信を深めてきた。

ただ、ソニーがビジョンエスの完成車で既存の大手自動車メーカーと張り合っていくことは考えにくい。

販売価格は未定だが、家電より長いスパンで高い安全性を確保しつつコストを削減するのは、既存の自動車メーカーに一日の長がある。ほかのソニー製品と同様に価格優位性よりも、付加価値を高める方針だろう。

>>記事の全文はこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスでは2021年に「ソニー 掛け算の経営」を配信しています。一部の記事が無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT