三菱電機「知財の武器」から始まる縦割り打破の道

特許登録件数は日本勢でトップクラスを誇る

東京・丸の内の本社26階に新しくできた展示場。三菱電機にとって、全社の技術を総合的に扱う初めての施設となる(記者撮影)

相次ぐ品質不正問題に揺れる名門企業は、不正の温床となった縦割りの組織風土にメスを入れられるか。

全社変革チームの設置や人事制度の変更などの対策を急ぐ三菱電機。事業本部の独立性が根強い同社で、各事業の知見を掛け合わせる取り組みが、知財という本来一番デリケートな領域から本格的に動き出した。

2021年10月、三菱電機は公式ホームページに「オープンテクノロジーバンク」を立ち上げた。保有する技術資産を外部に公開し、他社との協業の機会にしようという取り組みだ。

1月13日現在、「冷蔵庫内のモニタリング技術」など26の技術を紹介している。紹介ページの問い合わせフォームから、直接担当者に連絡することができる。

事業本部の独立性の高さが妨げに

実は三菱電機は、国内トップクラスの特許登録件数を誇る。

世界知的所有権機関(WIPO)によると、2020年の国際出願数ランキングで三菱電機(2810件)は中国のファーウェイ(5464件)、韓国のサムスン電子(3093件)に次ぐ世界3位。多様な事業を抱える総合電機企業は特許数が多くなる傾向にあるが、9位のソニーや10位のパナソニックを抑えて日本勢ではトップだ。

ところがこれまで、膨大な特許を十分に生かせていなかった。「工場ごとに知財担当がいるが、お互いに交流することは少なかった」と振り返るのは、三菱電機の曽我部靖志・知的財産センター長。縦割り型の組織ゆえに、同じ会社でも互いの工場が持っている特許を知らないまま、似たような製品を別々に技術開発していたこともあったという。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「三菱電機 100年企業の試練」では以下の記事を配信しています。

調査報告書があぶり出した「特殊体質」

現場社員の「証言」から見えた深刻実態

新社長が語った「不正続発」の根本原因

不正止まぬ「企業風土」の根深い弊害

「知財の武器」から始まる縦割り打破

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT