ゼネコン界の重鎮が訴える「適者生存の法則」

大成会長「変化に適応しないと生き残れない」

大成建設が建設した新国立競技場(2019年11月竣工、撮影:今井康一)
ゼネコンを取り巻く経営環境が厳しさを増している。
工事の大型化に伴って受注採算は低下し、都心部再開発案件や物流施設などでは受注競争が激化している。さらに、若者は建設業界を敬遠し、今後は少子高齢化を背景に、建設市場の新築工事が先細りする懸念もある。
スーパーゼネコン・大成建設の山内隆司会長は、建設業界を代表する業界団体である日本建設業連合会(日建連)の会長を2017年から2021年まで務め、今でも業界の「重鎮」としてその発言が業界に大きな影響を与える。
山内会長は「(ダーウィンの法則のように、経営規模が)大きいから生き残れるわけではない。建設業界も今後、環境の変化に適応しないと生き残れない」と話した。

「追い風」は2回しか吹かなかった

――国内建設市場では受注競争が一層厳しくなっています。

私が建設業界に従事してから50年以上経っているが、その間に、フォローの風が吹いて仕事が潤沢にあった時期は2回しかない。1回目は(1980年代後半の)バブルのとき、もう1回は(2015年から2019年ごろにかけて)東京五輪の特需に沸いたときだ。

それ以外の期間はずっと、建設業にとって冬の時代だった。過当競争がきつく、建設業界は低い利益水準にあえいできた。

足元の受注競争が厳しくなっているのは、業界が「元の状態に戻っただけ」とも言える。この厳しい時代にどうやって生き残るのか、業界全体で考えていかないといけない。社内でも、「この先の環境を見据えて対応してくれ」と言っている。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「ゼネコン異変」では以下の記事を配信しています。

大林組、業績急落の背景にある「地方案件」の存在

大成建設の大物が大和ハウスへ、仰天人事の真相

ゼネコン集結、「技術連合」がはらむ再編の可能性

大林組、利益率急低下を招いた「ある特別な事情」

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT