太陽光発電「乱開発」、小規模装い監視逃れの実態

山を切り崩し、水路を埋め、道路を破壊する

乱開発が行われている南知多町内海地区の山林(撮影:鈎裕之・東京電気管理技術者協会千葉支部長)

知多半島の突端に位置する愛知県南知多町で、名古屋市の企業が太陽光発電所の建設を目的として山林を広範囲に伐採。住民に十分な説明なしに開発を進めた上、行政の規制逃れとも批判される乱暴な開発をしていることがこのほど明らかになった。

計画によると、同町の市街地を流れる内海川の上流域5カ所の山林8ヘクタールを伐採し、斜面を切り崩して太陽光パネルを敷き詰めるという。太陽光パネルの下で、榊やブルーベリー、キウイ、レモンなどの作物を栽培し、「ソーラーシェアリング」(営農型太陽光発電)を行うとしている。

土砂や伐採木で水路や田畑を埋め立て

南知多町で太陽光発電所の建設を計画しているのは、名古屋市に本社を置くディーエスエス(以下DSS、木下誠剛社長)だ。同社によれば、「将来は地域に知的障害者のグループホームを建設し、農業に従事してもらうことを計画している。地域の活性化に貢献したい」という。

しかし、町や住民が開発計画の実態を知ったのは、つい最近のことだ。2020年後半から用地買収を始め、2021年10月末に大規模な伐採や造成工事に着手。現在、大型の重機を投入しての突貫工事が続けられている。

DSSは森を切り開き、伐採木を燃やし、土砂や伐採木で水路や田畑を埋める乱暴な開発を行っていた。その実態を目のあたりにした住民が町議会議員らに通報。町役場が実態調査に乗り出したことで、問題が初めて明るみに出た。>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「温暖化ガス『46%減』の衝撃」では以下の記事を配信しています。

三菱ケミカルHD「脱炭素」で加速する事業リストラ

ENEOS「2000億円買収」に漂う再エネ出遅れの焦燥

「洋上風力大国」イギリスが描く成長戦略の要点

東京電力、再エネ発電で「利益3倍増」への本気度

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT