ビデオやカセットの「磁気テープ」驚く生き残り術

富士フイルムがAI時代を見据え独自技術を磨く

世界のプラットフォーマーからの採用が引きを切らない(撮影:梅谷秀司)

磁気テープと言えば、ビデオテープやカセットテープなど、音楽や映像の保存用に広く使われた20世紀を代表する技術のひとつだ。21世紀に入り、その座はDVDやハードディスクドライブ(HDD)、半導体を使ったソリッドステートドライブ(SSD)に取って代わられた。

そんな磁気テープがいま、再び脚光を浴びている。

グーグルなどがこぞって採用

アメリカ、ノースカロライナにあるグーグルのデータセンター。ロボットが縦横無尽に動き回り、記録メディアを出し入れしてデータを保存、取り出している。ここで使われているのはHDDではなく、磁気テープだ。いまグーグルやマイクロソフトといった世界のプラットフォーマーが磁気テープをデータの保存・利活用のためにこぞって採用している。

磁気テープはベースとなるフィルムに磁石の特性をもった微粒子である磁性体を分散・塗布し、磁気を利用してデータを記録するメディアだ。HDDよりもデータのアクセス速度は遅い。【2022年1月11日11時追記】初出時の表記を一部修正いたします。

だが、データを50年以上保存できるうえ、消費電力が圧倒的に少なく、HDDと比べてCO2(二酸化炭素)の排出量を最大95%削減可能だ。実は技術進化も止まっておらず、今後さらなる大容量化のロードマップが示されている。こうしたこともプラットフォーマーからの信頼の裏付けとなっている。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT