男性のテレワーク増は家事負担の男女平等を促す

日本の家事育児負担の男女間格差は先進国最大

※写真と本文は直接関係ありません(撮影:梅谷秀司)

コロナ禍で一般化したテレワークに、男性の家事・育児参加を促す効果があるのではないか。研究者の間に、そんな予測が登場した。よく知られているとおり、小売業や医療関係の仕事に就くエッセンシャルワーカーは女性の割合が高く、夫がテレワーク可能である一方、妻は外で働く必要があるという夫婦は多い。であれば、妻が不在の間の家事や育児は、必然的に夫が担うことになるだろうと考えられるからだ。

また、コロナ禍で夫婦の家事分担が変化すれば、それは以後も持続するのではないかという見方もある。男性の育児休業取得に関する研究では、短期間でも家族と深く関わると、その後も長期にわたって男性の家事・育児参加が増えることが報告されているのだ。

家事負担の男女間格差

記事の全文は、東洋経済プラスの連載「経済学者が読み解く現代社会のリアル」でお読みいただけます。

多くの先進国では女性に家事・育児負担が集中しており、これが女性の社会進出の妨げや低出生率の原因の1つになっていると考えられている。中でも日本における家事・育児負担の男女間格差は先進国最大だ。テレワークが男性の家事・育児への参加を促し、家事・育児負担の男女間格差を是正しうるのかは、日本社会にとって注目すべき研究課題である。

本稿では、テレワークが男性の家族との関わりに与える影響について、筆者が石幡祐輔氏(米デューク大学博士課程)、山口慎太郎教授(東京大学)と行った研究について紹介する。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT