NISAにも影響、金融所得課税はどう改革すべきか

「1億円の壁」問題は次回の大綱で決着との見方

総裁選時の岸田文雄首相(JMPA)

2021年末に決まった与党の22年度税制改正大綱。岸田文雄首相が自民党総裁選挙時に掲げた金融所得課税の強化は見送られたが、22年夏の参議院選挙を乗り切れば、23年度大綱で決着させるとの見方が強まっている。同課税強化に反対する金融業界では、NISA(少額投資非課税制度)拡充を求める動きも出てきた。

所得税の分野では「1億円の壁」と呼ばれる問題が長年指摘されてきた。高所得者層ほど所得に占める金融所得(利子、配当、譲渡益)の割合が高いことを主因として、高所得者層の所得税負担率が低くなる問題だ。国税庁の20年のデータによると、合計所得約1億円(税負担率27.9%)までは所得増とともに税負担率は上昇していくが、それ以降は低下し、合計所得約10億円なら22.9%、同約100億円では16.1%と逆累進になっている。

給与などほかの所得は累進課税で合計4000万円以上では最高税率55%が適用されるが、金融所得は一律20%の分離課税となっているためだ。累進性を期待される所得税の機能が果たされていない。

>>記事の続きはこちら

この記事は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。東洋経済プラスでは、6人の解説部コラムニストが気になるニュースの真相を解説する「ニュースの核心」を連載しています。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT