野村HD「ビジネスモデル変革」へ問われる覚悟

奥田社長「存在意義含め10年後を議論している」

2025年に創業100周年を迎える野村ホールディングス。積極的な海外展開の一方で、大きな損失を計上した(記者撮影)
証券業界にトップとして長らく君臨してきた野村ホールディングス(HD)。単純な口座数ではネット系大手の楽天証券やSBI証券に抜かれたとみられるものの、預かり資産の大きさや海外展開の規模では同業他社を圧倒している。
ただ、積極的な海外展開の一方で、直近2年間は純利益ベースで合計3000億円規模のマイナス影響を受けた。国内の地位を保ちつつ、海外事業をどうコントロールしていくのか。奥田健太郎・野村ホールディングス社長に聞いた。

“サービスの質”を改善していく

――「貯蓄から資産形成へ」という証券業界が数十年来取り組んで来た宿題に、2022年はどう向き合いますか。

デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では各界を代表する経営者のインタビューを配信しています。

証券会社のビジネスの在り方を変える必要があると考えている。従来、証券会社はお客様が得をしているときでも損をしているときでも手数料が入ってくるビジネスモデルだったため、批判されてきた。(2020年4月の)就任当時からこのモデルを見直し、お客様の資産全体の運用を支援する形に変えようとしている。

ただ、手数料体系を変えるだけでサービスの質がよくならないと、お客様の側に(手数料の支払い方を)変えるインセンティブがない。そこで、「CIO(チーフ・インベストメント・オフィス)」を立ち上げ、個人向けにも機関投資家や年金の運用会社と同等のポートフォリオ運用ができるチームを作った。「ノムラ・ナビゲーション」というツールも用意し、時間をかけてでも移行を促していこうとしている。

――法人向けのビジネスでは、グリーンボンドやサステナビリティボンドなど、ESG関連の資金調達が活発化しています。

>>インタビューの続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT