「建てれば売れる」分譲戸建て大ブームの舞台裏

地域密着からAIまで、土地取得へあの手この手

62棟からなる千葉県船橋市の「グランマーレ船橋二和向台カームライフ」(記者撮影)

「毎日、土地の情報を求めて何社ものハウスメーカーやビルダーの仕入れ担当がやって来る。同じ会社なのに、別の担当者が来るときもある」

東京・北区で不動産会社を営む男性は、こう言って苦笑いする。

地元で生まれ育ったこの社長の元には、地主や地権者から土地譲渡の相談が引きも切らず、月2~3件は売却案件が出る。その情報を求め、ビルダーなどの用地仕入れ担当者が群がってくるのだ。

ファミリー層は広めの戸建てへ

「建てれば売れる」(ビルダー幹部)というほど人気の分譲戸建て。コロナ禍のテレワーク需要を背景に、2022年もファミリー層を中心に「狭い賃貸マンションから広めの戸建てへ」という流れは続きそうだ。

そんな流れを象徴するような分譲住宅地が、千葉県船橋市にある。

東京都心から千葉方面に電車を乗り継いで1時間弱。新京成線「二和向台駅」を降りて歩くと、ヤシの木の植わった海辺のリゾート感満載の街並みが広がる。

埼玉や千葉を中心に分譲住宅を展開するポラスグループがファミリー層向けに開発した「グランマーレ船橋二和向台」(千葉県船橋市)だ。価格は建物面積88~109平方メートルで3280万~4880万円。2021年4月から全62棟の販売を開始した。11月から6期目の販売を始めたが、想定より数カ月早く完売しそうだ。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT