帝人、「異色キャリア」の新社長が誕生する理由

社長交代は8年ぶり、新トップが直面する課題

2022年4月に社長に就任する内川哲茂氏は、1990年の入社以来、一貫してマテリアル畑を歩んできた(撮影:今井康一)

“傍系”からトップの座へ―。

化学メーカー大手の帝人は2021年12月23日、8年ぶりに社長交代を行うと発表した。

2022年4月1日付で、現社長の鈴木純氏(63)が代表権のない会長になり、取締役常務執行役員の内川哲茂氏(55)が新社長に就く。

発表会見に臨んだ鈴木社長は人選について、国内外の有識者で構成するアドバイザリー・ボードの推薦を決め手に挙げたうえで、「(内川氏は)過去にとらわれず、論理的に実行できる力がある。新しいものを創出する局面、大きな変革を実行する局面では、この力が不可欠で最も重要だ」と強調した。

並んで登壇した内川氏は「帝人の有形無形の資産を受け継ぎ、私の色を加えながら未来をつくっていきたい」「私はどっしり構えるタイプではない。何かを始めるのもやめるのも、方向転換さえも軽やかにできる企業風土をつくるのが私の色」と抱負を語った。

>>記事の続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT