立命館大学

世界に出て知る日本の魅力を
あらためて発信

立命館大学

異なる背景を持ったメンバーが
チームになって発揮する力は大きい

大本 綾 さん
(2008年 産業社会学部卒業)
カオスパイロット(デンマーク)3回生

大本綾さんが学ぶカオスパイロットは、デンマーク第二の都市、オーフスにあるビジネスデザインスクールだ。名前の通り、混沌としたカオスの世界をリードするパイロットのような人材の養成をめざす。ビジネスにデザイン思考を採り入れ、イノベーションを起こす力やクリエイティビティを磨く学びはユニークで、世界からも注目される存在だ。大本さんはカオスパイロット初の日本人留学生。留学中の経験やそこから感じたことを、ウェブメディアなどを通じて発信している。

大本さんがカオスパイロットを知ったのは、卒業生との出会いからだった。広告会社に入社してグローバル企業の広告宣伝の一翼を担うかたわら、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とのパートナーシップによる知の交歓イベントの運営に参加。自身のフィールドを拡大したいと考えていたとき、水先案内人(パイロット)が現れた。「デンマーク出身の女性で、主に途上国の子どもたちの夢をかなえるために活動するプロジェクトを主宰されています。発想力の豊かさと確かな実現力に眼を瞠るばかりでした」。クリエイティビティこそ、大本さんが得たいと切望していたものだった。

かくして彼女も学んだカオスパイロットをめざした大本さんだが、門戸は決して広くはない。各種書類審査にパスした後、二次試験は3日間にわたってデンマークで行われる。様々なタスクが与えられ、最終日にはクライアントの課題に対してグループでプレゼンテーションを制作。上級生がスタッフと共に審査して合格者を決めるしくみだ。大本さんの同期生は、わずか36人である。

学ぶのは起業家精神とリーダーシップ

カリキュラムでは、起業家精神やリーダーシップの醸成を重視。各種法人での実習も含め、実践的な学びが展開される。「ノルウェーの軍隊の訓練方法を取り入れたリーダーシップ研修が、最も印象的」と大本さん。「身体的にも精神的にも追い込まれる状況で、異なる背景を持ったチームメンバーがどの様な役割を果たせば、課題を乗り越えられるのかを考えます。違いをうまく生かせば、新しい力、アイデアが生まれること、そしてその力がたいへん大きいことに気づかされました」。そのなかで、場の空気を読んでまとめる日本的なリーダーシップスタイルも有効かもしれないと感じたともいう。「ファシリテーションに取り入れた書道が好評でした。精神を集中して1枚の紙に向き合う。言葉にする前に、静かに考える時間を十分に持つという体験は、欧米人にはあまりないことだからでしょう」。

最終年を迎えて、大本さんは日本の教育とデンマークの教育の長所を取り入れた、教育プログラム開発に取り組んでいる。「好きなことをめざす。これほど、子どもや学生に力を与えることはありません。『好き』から始まるキャリア教育を考えようと思っています」。プロジェクトを終えたとき、大本さんはどんなステージに立つのだろうか。

TOPICS
「立命館西園寺塾」
~「21世紀の経営哲学/リーダーとの闘論」
シリーズ第4回目の講師は、坂本孝氏。業界の常識を覆す発想でブックオフコーポレーションを創業し、代表取締役社長・会長を歴任、現在は俺の株式会社代表取締役社長を務める。しかし、それまでの道のりについて「2勝10敗」と人生を振り返る。「会社の規模を大きくすることは成長の場をつくることであり、社員が幸せになるために会社がある」と断言し、塾生の心を大きく惹きつけた。「生涯現役」と、笑顔で話を締めくくった。

詳細は下記HPに随時更新中。
http://www.ritsumei.ac.jp/saionji-juku/
問い合わせ
TEL 075-465-8351
(立命館大学入学センター)
http://www.ritsumei.ac.jp/
お問い合わせ
立命館大学 入学センター
〒603-8577
京都府京都市北区等持院北町56-1
 075-465-8351
 r-adm@st.ritsumei.ac.jp
立命館大学入試情報サイト
立命館大学入試情報サイト
ウェブサイトはこちら
立命館大学ホームページ
立命館大学ホームページ
ウェブサイトはこちら
vol.2 しなやかに見定める次のステージ
楽天 アソシエイトソフトウェアエンジニア 兪欣婷
パナソニック ビューティ・リビング事業部 植田奈緒
vol.3 夢を追い 世界に飛び出すひたむきさ
● フォトグラファー 東 真子
● 立命館大学 スポーツ健康科学部助手 岡松秀房
vol.4 日本発の製品・サービスを世界に届ける
株式会社東芝 パーソナル&クライアントソリューション社
滝 知明
ヤマトロジスティクス株式会社 グローバル事業推進室
小路健祐
vol.5 今ここにあるグローバリズムの最前線で
株式会社ホリプロ マネージメント第一事業部 五間岩ゆか
シンプレクス株式会社 リテールソリューショングループ
篠原 大

 

※本アーカイブは
2013年6月~2014年1月の連載

vol.2 旧来の枠を超えて革新の現場をつくる
● 京料理 「木乃婦」三代目 髙橋拓児
● A・P・モラー・マースクAS 人事部部長 村上聡子
vol.3 たゆまぬチャレンジで最前線を切り開く
● ファーストリテイリング 人事部部長 田辺 信裕
● 宇宙航空研究開発機構 開発員 岡本 千晴
vol.4 学生時代からの思いに真っすぐ、夢をカタチに
● ミズノ グローバルゴルフプロダクト部 深澤 茜
SCS Global シニアマネージャー・公認会計士 南里 健太郎
vol.5 グローバル競争と協調の現場から
宇宙飛行士・立命館大学スポーツ健康科学部客員教授
山崎 直子
本田技術研究所 四輪R&Dセンター研究員 古川 隆一
vol.6 次世代へのメッセージ 異文化理解がグローバル化の原点
● 華道家元池坊 次期家元 池坊 由紀
● 三菱商事 自動車事業本部 課長 小竹 洋介
vol.7 次世代へのメッセージ 新たな気づきが世界を広げる
映画監督・立命館大学産業社会学部客員教授 是枝 裕和
● あずさ監査法人 公認会計士 上村 紘之