マンダムが「不文律」を壊して挑む新ブランドの形

創業家の西村社長「ギャツビーに甘えていた」

目元ケアや男性メイクなど新しいメンズコスメ市場を開拓(記者撮影)
「ギャツビー」のスタイリング剤やペーパーシートを一度は使ったことのある男性は多いだろう。しかし、同ブランドを販売するメンズ化粧品最大手のマンダムは、コロナ禍のあおりを受けて2021年3月期に40年ぶりの営業赤字を計上した。
2021年4月に社長に就任した西村健氏は39歳。逆風下にあるマンダムをどう立て直すのか。創業家出身の西村社長に聞いた。

――逆風下で社長に就任しました。最初に着手したことは何ですか。

デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では各界を代表する経営者のインタビューを配信しています。

組織風土改革だ。マンダムは創業94年の老舗企業。1980年の経営危機以降、40年ほどは順調満帆だった。とくにここ最近はインバウンドの恩恵を受け、実力以上の成長をしていた。

一方で、メスを入れなくてはいけないところに対応できていなかった。それがコロナ禍になって顕在化してしまった。

――どのような問題が顕在化したのでしょうか。

>>インタビューの続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT