ゲーム会社が軒並み「キャラ売り」強化の白熱事情

三国志の新たな稼ぎ方、カプコン・任天堂も本腰

スーパー・ニンテンドー・ワールド発表の様子(撮影:ヒラオカスタジオ)

ゲーム各社が我が世の春を謳歌している――。

任天堂はコロナ禍の巣ごもり需要の中、ニンテンドースイッチのソフト「あつまれ どうぶつの森」が大ヒット。2021年3月期は最終利益が4803億円(前年比85%増)で過去最高となった。

また、近年は店頭販売からPC・スマホなど、複数のデバイスに向けたダウンロード販売へのシフトが加速。これが旧作の好調も招いている。2018年発売の旧作「モンスターハンターワールド:アイスボーン」などが収益を牽引したカプコンは、2021年3月期決算の営業利益が345億円(前期比51%増)と、8期連続の増益を記録した。

「世界観を貸す」というドル箱ビジネス

好況に沸くゲーム業界。あまたの大手企業が群雄割拠する中で、異色の収益モデルを構築している企業がある。「戦国無双」や「信長の野望」で知られるコーエーテクモホールディングスだ。

同社もまた、ゲームのデジタル販売の浸透により、シリーズ累計600万本を突破したアクションRPG「仁王」など、旧作の売り上げが高い水準を誇った。2021年3月期の営業利益は243億円(前期比73%増)と過去最高を記録し、今2022年3月期の会社予想も同245億円と高止まりが見込まれる。

コーエーテクモの好業績の背景は、競合他社と同様の単純なソフト販売だけではない。同社はゲームで育てた自社IP(版権)を生かし、これまでにない収益の創出を実現しているのだ。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「全員参戦 キャラビジネス大乱闘」では以下の記事を配信しています。

ゲーム会社が急ぎ「キャラ売り」強化の白熱

セガがゲーム界のマーベル目指す熱量の背景

カプコンが「映像化」にこだわる納得の論理

スクエニが何度でも「FF」新作を生める神髄

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT