花王が追求する「日用品だけに頼らない」生き方

長谷部社長「ライフケアカンパニーを目指す」

「バスマジックリン」や「アタック」など有名ブランドを数多く展開している(記者撮影)
新型コロナの感染拡大に伴う衛生品特需が一巡し、日用品業界は底力が試される局面に移りつつある。そんな中、日用品で国内2位のユニ・チャームは高付加価値のマスクが牽引し業績が好調の一方、最大手の花王は化粧品の苦戦で業績が低迷している。
競争環境の激化や原料高騰など逆風下で、そのような成長戦略を描くのか。花王の長谷部佳宏社長に聞いた。

化粧品の苦戦が痛手に

――ウィズコロナで生活者のニーズはどう変わりましたか。

2021年も手洗いなど衛生に対する意識は高かったが、2020年と比べると反動があり、収まった。一方で、手洗い石鹸や消毒液では、ちょっとした付加価値のある商品へのニーズが高まった。

デジタル特集「トップが語る大予測2022年」では各界を代表する経営者のインタビューを配信しています。

2021年に出した商品でいえば、おしぼりのようなビオレタオルが象徴的だ。除菌成分のエタノールが乾かずに保持することができる。また、食事中に消毒する時、触るだけでよく、手に吹きかける必要がない。ほかには飛び散らない泡で出る消毒液だ。

化粧品は、2021年の年初時点ではもう少し回復すると思っていたが、なかなか難しかった。外出をしないことがベースになると、化粧をする意味がなくなってしまう。特にリップなどのメイクをする機会が極端に減った。(化粧水などのスキンケアに比べて)リップなどのメイク比率が高い当社は影響を受けてしまった。

――コロナ禍で業績は低迷しています。

>>インタビューの続きはこちら

全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT