スクエニが何度でも「FF」の新作を生み出せる神髄

NFT早期参入にも生きた新技術と融合する文化

IP創出における2大産業のゲームと出版。両事業を展開するスクエニのみぞ知る、本質的な違いを問うた(撮影:今井康一)
「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」など、人気のゲームIP(版権)を持つスクウェア・エニックス・ホールディングス。ゲーム企業としては珍しく出版事業も持ち、『鋼の錬金術師』 や『賭ケグルイ』など人気漫画を輩出してきた。
2021年3月期はリメイク作のヒットにも恵まれ、過去最高の営業利益を計上。中期事業計画ではさらなる成長を目指すべく、ゲーム内アイテムに希少性があり、暗号資産を通じた取引が可能なゲームの開発を発表するなど、新技術を活用したIP展開にも積極的に取り組んでいる。
なぜスクエニはいち早くIPを使って、さまざまな展開ができているのか。最高戦略責任者の桐生隆司氏に話を聞いた。

時代が変化するほど生きるゲームIP

――NFTなど新しい技術を生かしたIP展開に取り組んでいます。

新しいものを先取りしながら、積極的に(IPと)融合させている。直近では「資産性ミリオンアーサー」(10月開始のブロックチェーン技術を用いたNFTデジタルシール)にもチャレンジしている。

新しいキャラクターコンテンツと技術で商品を作るのはかなりリスクがあるが、既視感のあるコンテンツに新しい技術を取り入れれば、リスクが少なくなる。そうなると、(コンテンツを)純粋に面白く提供できるかの勝負ができる。そのとき、ゲームIPを持っていることがわれわれの強みになってくる。

――ゲームIPの強みはどのようなところでしょうか。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「全員参戦 キャラビジネス大乱闘」では以下の記事を配信しています。

スクエニが何度でも「FF」新作を生める神髄

ゲーム会社が急ぎ「キャラ売り」強化の白熱

セガがゲーム界のマーベル目指す熱量の背景

カプコンが「映像化」にこだわる納得の論理

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT