カプコンが本気で「映像化」にこだわる納得の論理

ゲーマー以外へ訴求、映像化を見据えた開発も

辻本社長はカプコンについて「総合エンタメ企業に近づきつつある」と手応えを語る(撮影:梅谷秀司)
「モンスターハンター」や「ストリートファイター」など、ユニークなゲームタイトルを持つカプコン。そのIP(版権)を生かし、早くからハリウッドを中心に、映画化を推進してきた。
とくに「バイオハザード」は2002年から映画もシリーズ化しており、2021年11月にはアメリカで「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」(新シリーズ、日本では2022年公開予定)が公開された。
ゲーム会社であるカプコンが、なぜこれほど映像へのIP展開にこだわるのか。また、デジタル販売へのシフトが加速する本業のゲーム販売や、グッズショップなどリアルでの事業領域拡大、NFT・メタバースといった新潮流に対してどのような考えを持っているのか。創業家2代目の辻本春弘社長に聞いた。

映画はゲーマー以外への訴求手段

――近年、競合ゲーム会社がIPのハリウッド映画化に着手する一方、カプコンは早々に同様の動きを本格化していました。会社全体のIP戦略の方針はどのようなものでしょうか。

カプコンはキャラクターを支持する人たちがいるファンビジネス。根本はゲーム会社だが、(1つのIP当たり)5年以上をかけて映像ビジネスを育成しており、総合エンタメ企業に近づきつつある。(ゲームBGMサウンドトラックなど)音楽ビジネスも推進したい。(ゲームで)ストーリーラインをしっかり作ったうえで、アミューズメント施設やキャラクターショップなど、ファンとリアルな接点も持っている。

大きな戦略として20年ほど前から、ゲームの世界観を(より多くの人に)広げていくために、「ワンコンテンツ・マルチユース」(映画や舞台、出版物、グッズなど幅広いジャンルへのIP展開)を推進してきた。(古くは)「ストリートファイター」を1994年にハリウッドで映画化し、アニメも展開。その後も「バイオハザード」「逆転裁判」「戦国バサラ」などを積極的に映画・舞台化した。

ゲームをプレイするユーザーは限定されてしまうが、映画はゲームをプレイしない人でも見てくれる。ゲームユーザー以外の人たちに対しても自社のIPを浸透させたいと考え、この方針を打ち立てた。当時は違ったが、今では(ゲーム以外への)IP展開を意識してゲームを開発している。2020年に発表した「プラグマタ」(2023年発売予定の新作アクションアドベンチャー)は、明らかに映像ビジネスを意識した設定・世界観になっている。

――ゲームと映像にはシナジーがあるのでしょうか。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「全員参戦 キャラビジネス大乱闘」では以下の記事を配信しています。

カプコンが「映像化」にこだわる納得の論理

ゲーム会社が急ぎ「キャラ売り」強化の白熱

セガがゲーム界のマーベル目指す熱量の背景

スクエニが何度でも「FF」新作を生める神髄

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT