セガが「ゲーム業界のマーベル」目指す熱量の背景

ソニック筆頭にメガドライブのキャラを再強化

ゲーム事業が好調のセガ。看板IPの「ソニック」を軸に、マルチメディア展開が加速している(撮影:梅谷秀司)
セガサミーホールディングスは2022年3月期、好調のゲーム系事業で3期連続の営業増益を見込む。その牽引役となっているのが傘下の名門ゲーム企業・セガだ。
同社は12月10日、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたゲームイベント内で、2022年冬に「ソニック」の新作ゲーム「ソニックフロンティア」発売を決定。ソニックブランドは2022年にハリウッド2作目の映画が公開となり、ネットフリックスで新作アニメシリーズも配信が予定されるなど、メディアミックス戦略が加速している。
ゲーム各社が同様の戦略に傾く中、セガはソニックをベースに激しい競争を勝ち抜けるのか。今後の戦略を内海州史副社長に聞いた。

世界のIT大手がゲームとキャラIPに関心

――ゲームに縛られないソニックIP(版権)の展開が目立ちます。

1988年発売の家庭用ゲーム機「メガドライブ」時代のIPを、映画・ゲームの側面から再び活性化させようとしており、その中心はソニックになる。

例えばマーベルはスパイダーマンをどんどん新しくしているが、名前は変わらない。(スパイダーマン以外の)新しい作品も、マーベルらしさを兼ね備えている。セガもゲーム業界のマーベルになれる。

今、ゲームのエコシステムが変わってきて、マイクロソフトやグーグル、アマゾン、ネットフリックスなど、さまざまなIT企業がゲームに興味を持っている。その中でIPの需要が非常に盛んになっており、とくにファミリー層をターゲットにするようなチャンネルやサービスを考えたときに、ソニックはなかなか有効なIPなのではないか。

――本来、セガはゲームの会社でした。ソニックIPを強化する流れで、セガの姿はゲーム会社から変化していくのでしょうか。

>>記事の続きはこちら

記事の続きは無料東洋経済ID登録でお読みいただけます。デジタル特集「全員参戦 キャラビジネス大乱闘」では以下の記事を配信しています。

セガがゲーム界のマーベル目指す熱量の背景

ゲーム会社が急ぎ「キャラ売り」強化の白熱

カプコンが「映像化」にこだわる納得の論理

スクエニが何度でも「FF」新作を生める神髄

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT