「東急ハンズ」を飲み込む巨人カインズの腹づもり

ベイシアグループ初の大型買収は吉と出るか

カインズによる買収発表を受けて、12月23日の深夜に東急ハンズが報告をした(編集部撮影)

“お騒がせしておりますが、私は元気です”

記者会見が行われてから数時間後、12月23日の深夜、東急ハンズの公式ツイッターはそうつぶやいた。

ホームセンター国内最大手のカインズが東急ハンズを飲み込む――。ハンズに馴染みのある人からすると、この組み合わせに驚いたかもしれない。

カインズは12月22日、東急不動産ホールディングス(HD)傘下の東急ハンズを2022年3月に完全子会社化すると発表した。同日に開いた会見でカインズの高家正行社長は「契約交渉になる前から、シンパシーを感じていた。両社の目指すDIY文化は非常に似ている」と強調した。

グループ社員らも青天の霹靂

郊外を軸に227店舗を展開するカインズは、作業服チェーンのワークマンなどを抱えるベイシアグループの中核企業だ。

ワークマン以外は未上場のため、経営実態はあまり知られていない(詳しくは、「群馬の巨人 ベイシアグループの正体」)。現在は創業者の長男でカインズ会長を務める土屋裕雅氏(55)が、2代目としてグループを舵取りしている。2020年に行った東洋経済のインタビューで裕雅氏は「ある部分を強くするためのM&A(合併・買収)はどうしても必要になる」と語っていた。

ハンズの2021年3月の売上高は619億円(2020年3月期は950億円)。ベイシアグループでは、カインズ、スーパーのベイシア、ワークマンに次ぐ4番手企業となる。これまで自前で成長を遂げてきたベイシアグループにとって、初の大型M&Aだ。

ベイシアグループの幹部や中堅社員らは今回のハンズ買収について、「まったく知らなかった」「晴天の霹靂」と一様に驚いていた。なぜ今、カインズはグループ会社も驚かせる大型買収を決めたのか。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスではカインズによる東急ハンズ買収について、以下の記事を配信しています。無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

「東急ハンズ」を飲み込むカインズの腹づもり

ホームセンター「出店攻勢」の知られざる白熱

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT