日産が復調の一方で聞こえる部品会社の「不満」

販売計画の下振れが部品会社の業績を直撃

日産の業績だけがよくなっても盤石とはいえない(撮影:今祥雄)

「将来のことよりも、まず足元の車を計画どおりに造ってくれと言いたい」。

日産自動車が2021年11月に電動化の長期ビジョンを示す中、ある日産系部品メーカー幹部は吐き捨てるようにそう言った。

生産拠点の閉鎖や開発車種の絞り込みなどでコスト削減が進んだ日産は、2022年3月期に3期ぶりに黒字化する見通しだ。

2021年11月に半導体不足などによる生産停滞の影響から、販売台数計画を60万台引き下げた(年間計画は380万台)ものの、最終利益予想は1800億円と従来の3倍に引き上げた。これは、新型車の投入や在庫逼迫で販売奨励金の削減が進んだこと、フランスのルノーなどの持ち分法投資利益が増えたことが大きい。

赤字に転落する部品会社も

もっとも、販売奨励金の削減効果などは自動車メーカー特有のもの。部品メーカーは、日産の販売計画の下振れが大きく響いている。

2021年9月期の中間決算では、日産を主要取引先とする上場部品メーカー7社のうち6社が202年3月期の通期予想を引き下げた。うちユニプレス、日産車体、河西工業は黒字予想から一転、営業赤字に転落する見通しだ。

なぜ、日産と部品会社の間で大きな違いが出るのか。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

東洋経済プラスの特集「EV戦国時代 不退転の日系メーカー」で以下の記事も配信しています。無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。

日産が電動化投資で「現実路線」を敷く真意

トヨタ「EV計画」大刷新の衝撃

ホンダに問われる脱エンジン戦略の具体化

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT