3000億円買収で号砲!「後払い」新市場の大混戦

「分割払い」機能の導入には各企業で温度差

ネット通販サイトなどで買い物する際、商品到着後にコンビニなどで一括・分割で支払える「後払い」サービス。写真はネットプロテクションズが提供する「NP後払い」とPaidyの分割払いの説明画面(記者撮影)

Buy Now Pay Later、略して「BNPL」。

読んで字のごとく、今買って、後で支払うという意味で、いわゆる「後払い決済」を指す。目下、世界中でBNPLサービスへの注目が高まっている。その波はここ日本にもやってきた。

アメリカの決済大手ペイパルホールディングスが、日本のベンチャー企業を3000億円で買収──。そんなニュースが飛び出したのが、2021年9月。買収されたのはBNPLサービスを手がけるPaidy(ペイディ)だ。

ペイディのサービスを使えば、同社の加盟店となっているEC(ネット通販)サイトなどで、電話番号とメールアドレスを入力するだけで決済できる。勤務先や年収の情報を求める、クレジットカードのような審査はない。利用者は翌月10日、コンビニや銀行振り込みで前月分をまとめて支払う。さらに本人確認を完了すると、分割手数料無料で3回払いが可能だ。

提携するアップルのECサイトでは、iPhoneなどの端末を24回払いで購入できる専用プランも用意している。

>>記事の続きはこちら

この記事の全文は無料の東洋経済ID登録でお読みいただけます。
東洋経済プラスの特集「BNPLの新金脈」では、Paidy・Paypal Japan両社長、ネットプロテクションズ社長のインタビューも順次配信します。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT